MT4

システム構築サイト

(4)MT4でバックテストをする方法

(4)MT4でバックテストをする方法
MT4でバックテストは非常に簡単

MT4によるバックテストの概略です。詳細はマニュアルにも記載があります。メイン画面下に表示されている「Strategy Tester」を利用します。表示されていない場合は、上部のメニュー「表示」→「Strategy Tester」から選択します。

①「Expert Advisor」でEAを選択します。

②通貨ペアを選択します。

③バックテストに利用するチャートデータを「Everytick」、「Control points」、「Open prices only」の中から選択します。
「Everytick」は、ティックデータで検証できるため高精度です。実際の取引に最も近い結果が得られますが、データ量が多いため検証に時間がかかります。「Control points」は、レート取得を一定期間に1度とすることでバックテストにかかる時間を低減でき、簡易的な検証に利用します。「Open prices only」は、始値だけを用いてバックテストを行います。「Control points」、「Open prices only」はともに簡易テスト用と考え、通常は「Everytick」を使用します。

④検証期間を指定します。FX口座によりチャートデータ量が異なりますので確認します。

⑤時間軸を選択します。

⑥EAのパラメーターを設定しバックテストを行います。ポップアップ画面の「パラメーター入力」から変更します。

⑦バックテスト完了後、「Strategy Tester」のメニュー「レポート」内で右クリックをすると「Strategy Tester Report」を表示することができます。

Return Top